読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ベニブロ

自称未来の天文学者が、日々の勉強と、Macを使いこなすためにしている勉強の記録。

【蔵王登頂】

ブログを続けると宣言して2,3ヶ月がたってしまいました。未だに書いた記事は5,6個です。つくづく自分が飽き性だと思い知りました。

しかし、今年は色々なことにチャレンジする一年にするということで、飽き性も克服したく、ブログを再開しました。春休みは時間もあるのでできるだけ書いていきたいと思います。

最近の出来事というと、仙台に来て二年目で初めて蔵王(山形)にいきました。蔵王ではスキースノボーも有名みたいですが、今回の目的は樹氷です。友達とレンタカーを借りて、高速を使い片道2時間ほどかけていきました。ちょうど雪が降っていて雪道の運転でしたが運転手のおかげで無事につきました。ここまで雪が積もっているのを見るのは初めてだったので感動して飛び込んで見ました。しかし雪の質が悪く、服にこびりついて染みて寒い思いをしました笑。f:id:jinjinmountain:20170217002023j:image

さっそく蔵王中央ロープウェイというので、山頂まで出発です。軽いジェットコースターに乗ってるような感覚で高所恐怖症には辛い時間でした。片道20分ほどで山頂です。山麓より格段に寒く、しかも吹雪いていて字のごとく凍てつく寒さでした。視界が開けず樹氷が見えなかったのですが、休憩室で休んでいるとだんだん吹雪が収まり、樹氷をこの目で拝むことができました。アイスモンスターと言われるみたいですが、目の前でみた樹氷は大きくいびつで、モンスターそのものでした。樹氷を拝み尽くすと下山し、近くの源七露天の湯という温泉にいきました。人生史上最高のお湯でした。憧れの雪の積もった露天風呂は、お湯が少しぬるくのぼせないのでいつまでも入って入られました。電池が切れてて写真を撮れなかったのが残念です。700円くらいで入れて本当に最高でした。

東北も捨てたもんじゃない!f:id:jinjinmountain:20170217002803j:image

 

【成人式とインフルエンザ】

先日、成人式がありました。誕生日は5月で、20歳になったのは随分前のことなのですが、一大イベントでもありますし、育ててくれたお礼をしっかりするべき機会だったといまさらながら反省しています。でもまだ学生で仕送りももらっている身分なので、卒業したときに、少しでも親孝行しようと思います。そのために仙台に帰ったら貯金箱を買って、親孝行貯金を始めようと思います。

成人式そのものについてですが、小学校卒業以来会ってない懐かしい友達に会えたことは良かったのですが、生きてきた中で1番楽しい!とまではいきませんでした。期待しすぎたのですね..そして連日の同窓会も楽しんで、いよいよ仙台に戻る日が近づいているという中、今日発熱しました。熱は上がり続けて38.0度なのですが、インフルエンザになった友達と3日前に遊んだため、インフルエンザの可能性が高いです。なのに、周りに看病してくれる家族がいるからか、久々の発熱だからか、少し楽しくもあります。こんなこと考えていられるのならインフルエンザではないのかもしれないです。インフルエンザではなく、朝目覚めたら熱が引いていることを願って寝ようと思います。特にセンター試験を控えた高校生の方、インフルエンザには気をつけてお過ごしください。

【帰省】

18きっぷを使っての帰省が無事?に終了しました。今日は6:30に上野を出発して、名古屋で友達に案内してもらって味噌カツを食べて観光する以外はほぼ寝ていました。味噌カツははじめてでしたがめちゃくちゃおいしかったです。しかし疲労がすごいです...

ともあれ無事に4ヶ月ぶりに家族と会うことができ、おいしい夜ごはんが食べられ、お年玉ももらえて、心から応援してくれる人がいて本当に幸せだと実感しました。大切にしていきたいです。

またこれはふと思い立っただけですが、これからは人の意見に流されることなく、自分が正しいと思うことは貫き通し、正しくないと思うことはしない、そういう判断ができる人間になりたいです。今回の帰省はわりとゆっくりできるので、成人式も飲み過ぎに注意して楽しみたいです。

f:id:jinjinmountain:20170107010955j:image栄で食べた矢場とん味噌カツ

 

【青春18きっぷ帰省】

あけましておめでとうございます。たまには勉強以外のことを書きたいと思い、ブログをかいてます。

今年は人生で初めて家族とは年を越しませんでした。仙台で友達と年を越して、初日の出を見て、初売りに行って、2017年は初めてづくしの年明けでした。親不孝なことをしたのかもという罪悪感がありますが、そういう細かいことにこだわってはいけない、今年の抱負は細かいことにこだわらずポジショブでいることにしました。

そして2日、3日は近所の大崎八幡宮で助勢をし(助勢金が多かったので来年もしようかと思います)、4日もバイトをして、今日から青春18きっぷで2日かけて仙台から関西へ帰省します。

青春18切符では、3年ほど前に東京から関西へ一度行ったことがあるのですがその時疲れすぎてもう絶対長距離移動しないと決めたのに、安さのあまり手を出してしまいました。帰省がてらに東京観光も出来ると考えれば良いのかなと思います。

青春18きっぷというと、5枚綴りの販売しかなく、自分のように5枚も使わないという人は金券ショップやフリーマーケットアプリに頼るしかありません。自分はアプリで購入しようとするも交渉中に他の人に購入されてしまい断念し、2時間かけて金券ショップを何度も同じ数店を繰り返し回ったところ、たまたま3枚綴りをgetできました。しかも4500円という格安でです。1枚分残るので、フリマアプリで出品するとすぐに買い手が見つかり、一気に全てがうまくいきました。本当に良かったです。

そして今日の朝その青春18切符を使って東京に向かい始め、もう少しで着くところです。仙台駅からはずっと席を確保できているので、軽く電車酔いして頭がいたい以外は快適です。気になったのは、おそらく自分と同じように18きっぷを使って旅や帰省をしている特に若者が以外に多いということです。乗り換えの旅に顔を合わせるので勝手に同志と思ってしまいました。あとは黒磯で乗り換えの際に電車を待つのが寒かったです。

今日は上野のダンディというカプセルホテル(なんと2400円弱)に泊まります。荷物をおいて、アメ横にいき、時間があれば電車で他のところも見て見たいです。東京への憧れがすごいので楽しみです。良い旅になりますように。

最後に、今日の金杯、ツクバアズマオーとエアスピネルがんばれ!

f:id:jinjinmountain:20170105134657j:image寒いなか黒磯駅で撮った写真

 

【激闘vsルンゲクッタ法】

大学のレポート課題でプログラミングを使うものがありずっと提出していなかったのですが、年内に消化しようと昨日から格闘していました。やっと今終わりました。完璧ではないのですが終わったことに意味があると思っています。プログラミングについても、ターミナルについても知識が増えたので良かったです。今日みたいに意味のある夜更かしはこれからもしていきたいと思います。今年の勉強はおそらくこれで終わりです。来年は4日あたりから勉強再開しようとおもいます。まだまだレポートが溜まっているので...。来年は今年よりも勉強に集中して取り組みたいとおもいます。

それでは良いお年を。写真は先週見に行った光のページェントです。

f:id:jinjinmountain:20161231031055j:image

 

【ディレクトリの木構造、gnuplotの導入】

ディレクトリの木構造がやっと理解できました。構造は入門Unix for OSXの図の通りなのですが、Usersとursという二つを混同していたり、Applicationというディレクトリが/と、/Users/beni...(ユーザ名)の中にありそれを混同していてたみたいです。またmac OSXではターミナルを開いたとき、cd(何も後につけない)コマンドを命令したときに/ではなく/Users/(ユーザ名)にいるということもわかりました。いろいろと混乱していましたがゆっくりと考えて整理できてよかったです。階層構造のどの位置から見てもその位置を表せる絶対パス、今いるディレクトリから見た位置の表し方である相対パスも、/が単なる記号ではなく最も上の階層を表しているとわかれば容易に理解できました。これでgnuplotも、/Users/(ユーザ名)に移動させて、ターミナル起動後すぐに使えるようにできました。

 

インストールの方法はググったらすぐ出てきたので(homebrewをとって...詳しくは忘れました)ここではgnuplotの使い方をおさらいしておきます。

./gnuplot で起動でき、起動すると

>gnuplot

と表示されます。具体的な関数のグラフを表示したいときは

>gnuplot plot sin(x)

のように書きます。また例えばルンゲクッタのプログラムから求めた、時間と微分方程式の解の二列のデータをファイルとして保存し(./a.out>ファイル名 で作業ディレクトリに結果だけ保存できます)、仮にファイル名がkai.txtであるとすると、そのグラフをプロットするには

>gnuplot plot"kai.txt"

で、縦軸横軸を自動で設定してグラフを作成してくれます。そのグラフ自体(直線)のタイトルをつけるには 

>gnuplot plot "kai.txt" set title " "

とします。そのグラフのタイトル(つまり何と何の関係を表したグラフか)をつけるには、

>gnuplot set title " "

またx軸、y軸の名前を決めるには、

>gnuplot set xlabel" "

とします。このふたつはどちらも先にしておかなければなりません。

さらに例えばtxtファイルにデータが3行で書かれている場合、1,2行のデータをグラフにするには

>gnuplot plot "kai.txt" using 1:2

と書きます。

またプロットしたいファイルが作業ディレクトリにない場合(ほとんどの場合ないと思います)は、gnuplotを起動した状態で通常のようにcdコマンドを使ってファイルのあるディレクトリに移動します。ただし単一符で区切って

>gnuplot cd'desktop'

のようにします。

 

これでgnuplotはなんとかつかえるようになりました。疲れた~

【入門UNIX for OS X 1】

久々に予定がない1日だったのでアラームをかけずに起きて、幸せな1日のはじまりでした。そこから食べて寝てを繰り返して、陽気なギャングが地球を回すを読み終わって(おもしろかったけど続編は保留...)、なんやかんやで勉強は全然していません。

 

ですが夜になってOS Xの勉強ついに始めたのでそのことを書きます。

この本には、macには美しいGUI(グラフィカルユーザーインターフェイス)があるのになぜターミナルを使うのか、使う利点は何かということから書かれていて、個人的にとっつきやすかったです。基本的な10コマンドをまとめてみました。

ls

ファイル、ディレクトリ一覧を表示

cp 元ファイル名 複製されたファイル名

 そのディレクトリに違うファイル名で複製する。

rm ファイル、ディレクトリ名

 ファイル、ディレクトリ(ファイルごと)を削除

pwd(present working directory)

 現在の作業ディレクトリを表示

cd ディレクトリ名

 指定した場所に作業ディレクトリを移動。cdだけでホームディレクトリに移動。cd ..で一つ上のディレクトリに移動。

mv ファイル 既存のディレクトリor新ファイル名

 ファイル 既存のディレクトリで、ファイルを移動する。ファイル 新ファイル名でファイルの名前を変更する。

man コマンド名

 例えばman lsでlsコマンドのマニュアルを表示

less ファイル名

 テキスト形式のファイルを1ページずつ表示。スペースキーを押して次ページを表示。

grep パターン 検索対象のファイル

 検索対象のファイルからパターンに当てはまるものを表示する。

top ps

 現在実行されているアプリケーションを表示。

 

多少触れたことがあったので一章はすらすら読み進められました。比較的時間がある冬休み中には読破したいです。レポートもしないと...初売りもいかないと...